皮膚の痒みの原因は様々ですが、男性、女性ともに多いのはカンジダ症です。カンジダは、もともと普段から皮膚や粘膜に存在している常在菌で、カビの一種(真菌)です。
この性器のかゆみは、皮膚や粘膜の抵抗力が落ちることでカンジダが増えやすい環境になることが原因です。



メンズボクサーパンツ Rリバーサル機能性を追求した蒸れないボクサーパンツはこちら

・性器のかゆみの対処法

 

性器のかゆみは、下着が汗で蒸れ不衛生な状態になることや、皮膚が擦れて刺激を受けることで起こります。

 

また、きついガードルや補正下着などで性器を圧迫することも汗蒸れを起こしやすく、かゆみの原因になります。

 

また、性交渉によって性感染症や毛じらみ症に感染すると性器にかゆみが起こるようになります。

 

他にも温泉やプールで白癬菌やシラミが陰毛に付着して感染することで、性器周辺の皮膚から激しいかゆみを引き起こす場合もあります。

 

トリコモナス菌やカンジダ菌も、大腸菌やブドウ球菌などの細菌も高温多湿な温泉やプールで感染する恐れがあります。

 

このような細菌は、過労やストレスなどで抵抗力が落ちているときに増殖しやすくなります。

 

また下着の汗蒸れなどで不潔にしていることも細菌が増殖しやすい環境になります。

 

毎日下着を履き替えて、性器も洗い清潔に保つようにしましょう。

 

ただし、洗いすぎると弱い皮膚が炎症を起こしてしまいますので、あまり痛くなるほどこすりすぎるのはよくありません。

 

細菌感染が原因のかゆみには、一時的にかゆみが治まっても再び再発を繰り返すことがあります。

 

これは一時的に菌が少なくなってからも汗蒸れや不潔になることで細菌が増殖して活発化するためです。

 

このような再発を予防するには、通気性が良く蒸れない下着を穿くようにして、性器周辺の皮膚を乾燥させるようにしましょう。

 

機能性を追求した蒸れないボクサーパンツはこちら

Copyright (c) 性器のかゆみは下着の蒸れが原因 All Rights Reserved.

性器周辺の皮膚の痒みは下着の蒸れが原因です。

Ads by Sitemix